世界踏破8回目、欧州5カ国走破の旅
   
 横浜市港北区錦が丘(最寄り駅菊名)に住む岡本孝之さん、欧州自転車の旅をするため、5月20日に横浜サイクリングクラブの仲間十数人とフランスに向けて旅立ちました。
 リヨンからアルル、マルセイユ、パリと仲間たちとサイクリングを楽しみ、ロンドンからは、8回目の自転車一人旅に挑戦することになります。帰国は、8月下旬の予定。
 岡本さんは、仕事がら海外出張が多く、40代の頃から自転車で世界をゆっくり見て回りたいと思っていたそうです。退職を機に夢の実現に向けてまっしぐら。01年からカナダ、米国、オーストラリア、ニュージランド、ドイツと各国横断28,600kmの距離を自転車で走破した経歴の持ち主です。
 これから英国、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、デンマークの5カ国4000kmを自転車で無事に、走り終えることを願っています。
 
 この連載原稿は道中の体験を岡本さんが、テントやユースホステルなどで手書きでしたため、まずその文字原稿がFAXでESNの岩田忠利会長宛に届き、続いて約1週間後に画像入りのメディアが空輸で送られてきます。
 
 第1報は6月9日、スタート地点のロンドンから。第2報は6月21日英国・グラスゴーから。そして今回の第3報は、7月2日に北欧最初の訪問国ノルウェーに到着し7月8日オスロから届きました。第4報はヘルシンキから8月7日にノルウェーとフィンランドの貴重な写真の数々が届きました。
 
 第4報お読みの皆さん、読後の感想などを掲示板に投稿して岡本さんを励ましてあげてください!
第1報  
仲間と楽しんだフランス


 退職後、毎年行っているサイクリング一人旅を始める前に、今年は、横浜サイクリング・クラブの仲間、男性6名、女性4名(うち一組が夫婦)計10名と一緒に、グループサイクリングを南フランスで楽しみました。
 5月20日に日本を発ち、同日南フランス“リヨン”に到着。翌21日、午前中、日本から持ち込んだ自転車を組み立て、午後、足慣らしにローヌ川畔の街“ヴィエンヌ”まで30km走りました。


      田舎道を走る仲間たち 丘の上から、教会を中心に集まる田舎の村を望む
  道路端に咲き誇るポピーの群落を愛でる  朝出発前、荷物をサポートカーに預け出発準備
      岩石の上の古城を眺めつつ・・・ オランジュの古代劇場


 南仏プロヴァンス地方は、2000年前ローマ帝国の重要な領地でした。そのためこのあたりは、フランスと思えないローマ帝国の時代の遺跡が多く見られます。写真はその一つ、古代劇場です。この地方でいくつも残る中で、ここオランジュが世界でも保存状態が良いそうです。今も各種の催し物に使われています。ホテルに自転車を置き、散歩がてら見てまわったとき、そこは、今晩行われるコンサートの準備中でした。
 
 皆さんもご存じの「♪アヴィニョンの橋で踊ろうよ、踊ろうよ・・・」の歌で有名な「アヴィニョンの橋」です。正式名称「サン・ベネゼ橋」。当初は向こう岸まで全長900mの橋でしたが、度重なるローヌ川の氾濫で、今は、4本の橋桁と礼拝堂(左から3本目の橋桁の上)が残るのみです。
アヴィニョンの橋(サン・ベネゼ橋)

 
 
一緒に走った仲間は平均年齢、男性66歳、女性63歳。元気なおじさん、おばさんたちです。1日平均67km、最高96km。6日間で合計404km走りました。鶴見川沿いのサイクリングコースならママチャリでもOKです。皆様も走ってみてください。80歳を超えても現役で走っている人もいます。生涯スボーツとして今から始めても遅くはありません。足腰に負担がなく健康によく、地球温暖化にもやさしいスポーツです
 
同行の仲間


 仲間との旅は28日に終り、帰国する皆とパリ空港で別れました。
 そこでシニアネット会員貞広孝さんの出迎えを受け、3月以来の再会を楽しみました。出発前に安い宿を貞広さんに頼んでありましたが、結局、見つからず、彼の家に一泊のお世話になりました。
 明るくさわやかな奥様で生粋のパリジェンヌです。貞広さんが、どのようなきっかけで奥様とお知り合いになれたか、ちょっと聞いてみたかったのですが・・・。とにかく奥様はフランス語、英語、日本語の3カ国語がとてもお上手なバイリンガル。貞広さんが母国日本になかなか帰れないワケが分かるような気がします。
 夕食は、フランスでも人気の料理、“クスクス”をご馳走になりました。元フランスの植民地北アフリカ発祥の料理で、大変美味でした。


 貞広さんには、28日パリ到着時に、また29日ロンドンへの出発時に送迎を受け、大変助かりました。それではまた・・・。
                        

          ロンドンにて    5月31日 岡本孝之