世界踏破8回目、欧州5カ国走破の旅
   
 横浜市港北区錦が丘(最寄り駅菊名)に住む岡本孝之さん、欧州自転車の旅をするため、5月20日に横浜サイクリングクラブの仲間十数人とフランスに向けて旅立ちました。
 リヨンからアルル、マルセイユ、パリと仲間たちとサイクリングを楽しみ、ロンドンからは、8回目の自転車一人旅に挑戦することになります。帰国は、8月下旬の予定。
 岡本さんは、仕事がら海外出張が多く、40代の頃から自転車で世界をゆっくり見て回りたいと思っていたそうです。退職を機に夢の実現に向けてまっしぐら。01年からカナダ、米国、オーストラリア、ニュージランド、ドイツと各国横断28,600kmの距離を自転車で走破した経歴の持ち主です。
 これから英国、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、デンマークの5カ国4000kmを自転車で無事に、走り終えることを願っています。
 
 この連載原稿は道中の体験を岡本さんが、テントやユースホステルなどで手書きでしたため、まずその文字原稿がFAXでESNの岩田忠利会長宛に届き、続いて約1週間後に画像入りのメディアが空輸で送られてきます。
 
 第1報は6月9日、スタート地点のロンドンから。第2報は6月21日英国・グラスゴーから。そして今回の第3報は、7月2日に北欧最初の訪問国ノルウェーに到着し7月8日オスロから届きました。第4報はヘルシンキから8月7日にノルウェーとフィンランドの貴重な写真の数々が届きました。
 
 第4報お読みの皆さん、読後の感想などを掲示板に投稿して岡本さんを励ましてあげてください!
第4報
 写真で見るノルウェー・フィンランドの巻

オスロ〜ホニングスヴォーグ(ノールカップ岬のあるマーゲロイ島)間の機上から。
氷河を抱いたノールウェー、スウェーデンの山々
7月9日。ホニングスヴォーグの飛行場に降り立ったのは5人。
これから3キロ離れた町へ
7月10日。町から30キロ離れたノールカップ岬へ向かう途中、木のないツンドラ地帯。北緯71度の北極圏。
町を19時に出て21時過ぎに岬に着きました
岬にあるモニュメント。Midnight Sun(沈まぬ太陽)を
見ようと多くの観光客がバスやキャンピングカー、
乗用車で来ていました。
23時16分、23時16分、とても太陽を望めぬ雲行きでした
ところが、23時45分頃から北の空の雲は裂け、太陽が顔を出し、この日集まった多くの人たちの期待に応えて、私たちに微笑みかけてくれました。
この幸運をどう表現したらよいのでしょうか
皆さん、見てください! 
10日の太陽は地平線に沈むことなく、このまま11日
の太陽として昇るのです。まさしく“沈まぬ太陽”
11日の太陽は、宿に戻った午前1時には昇り始めて、
島を明るく染めていました。宿のテラスから
マーゲロイ島を脱出する地獄への入り口です。
7月12日朝9時、
車はたまに通るものの、サイクリストは私一人。
長さ7,000b。海底マイナス210bを目指し、
暗闇の世界に入っていました
     フィンランドへ
草を食むはトナカイの群れ(フィンランド語で「ポロ」、英語で「reindeer<レインディア>」です)
ここも白夜の世界でしたが、あいにくの北の空は
曇りでした。7月13日泊まったラクセルブのユース
ホステルで
      
ノルウェーとフィンランドの国境を示す標識は橋の上にあり、検問は一切なし。平和の証拠です。
 片や同じ民族なのに韓国と北朝鮮のように、軍隊が常時監視の目が光っている国境もあり、世界を旅する者として前者のようにあることを願っています
7月15日フィンランドに入り、キャンプ中の私のテント
森の中のトナカイ 白雲が際立つ青空
道路を占拠するトナカイ
森と湖と草原と
目の前に大きな虹が・・・
7月19日泊まった田舎の小さなユースホステル
北緯66度。北極圏を示す標識。この脇にサンタクロース村があります。
7月25日。キャンプ場も宿泊施設もなく困り果て、
町の市民ホールに入って行くと、明日の展覧会
(個展)の準備をしていました。彼らに頼んで、芝生
にテントを張らしてもらいました。市民ホールと私の
テント(右側の黄色)。
その晩、夜中に目が覚め、北の空には朝焼けが輝き始めていました 市民ホール
  
画家その作品 路傍に咲くルピナス
 
 ノルウェーとフィンランド縦断のサイクリングの旅は終わり、昨日ヘルシンキに入りました。
 
 白夜のツンドラ地帯、クリスマスで有名なラップランド地方を通り、北極圏を抜け、湖水地方を通過。その間20日間、森と湖と草原とトナカイ、さらに白雲たなびく青空を愛でつつ、軽快に走ってきました。
 しかし、最後の2日は疲労がたまったのか、体調が思わしくなく、最後の60キロは列車を利用しました。日程が遅れていたため意地でもヘルシンキまで走ろうと、朝から50キロ走りましたが、もう今日中(7月31日)に着けないと分かった時点で列車の旅に切り換えました。その間の走行距離1,640キロ。今回の旅で自転車で走った総距離は3,230キロです。 

 今後は、明後日(8月3日)にスウェーデン・ストックホルムに渡り、体調を整えて最後の訪問国、スウェーデンで数百キロ走って帰国します。
                             
                       2008年8月1日 ヘルシンキのユースホステルで。